NY市場 前場概況-ドル円、米指標で下落も反発

2013年07月13日 00:50

ミシガン大消費者信頼感指数が市場予想を下回ったことが嫌気されドル円は一時99円割れとなったが、米10年債利回りの上昇を受け99円40銭付近まで反発するなど、荒い動きとなっている。また、ポルトガル債利回り上昇を背景に128円台後半まで急落していたユーロ円も、短期筋のショートカバーのフローが観測されたことから下落幅を解消する展開。0時44分現在、ドル円99.307-317、ユーロ円129.570-590、ユーロドル1.30457-465で推移している。