NY市場 ユーロドル、ブラード米連銀総裁で上昇後、仏格下げで下落

2013年07月13日 02:13

ブラード米セントルイス連銀総裁が「ディスインフレ下での刺激縮小に反対」との発言を受けてユーロドルは1.3090ドル付近まで上昇したが、その後にフィッチが仏を「AAA」から「AA+」へ格下げたことを受けて、1.30ドル前半に急落した。