NY市場 ドル円、ファンド勢からの100円台諦めの売り

2013年08月07日 23:46

日本時間23時のNYカットを通過して、ドル円は更に売りが強まっている。東京時間に7月下旬に強いサポートとなっていた97.50水準をブレイクしたことで、見切売りが強まっており、これまでロングを形成してきた本邦勢や海外ファンド勢から、100円台を諦めた売りが活発に出ている模様。フィボナッチ水準の96.85もブレイクしてきたこともあるのか、モデル系の売りも出始めている模様。
株式市場も利益確定売りが強まる中、リスク回避的な雰囲気も出ている。
短期的には値ごろ感の買いも入りそうな雰囲気もあるが、戻り売りもそれなりにありそうだ。