東京市場午後 円相場、連日で引けにかけて動意付く 豪ドル堅調

2013年08月08日 16:02

 東京タイム午後の為替市場は、豪ドルが買われた。発表された中国貿易収支で輸出や輸入の伸びが市場予想を上回ったことが背景。日銀金融政策決定会合では、マネタリーベースを年間60-70兆円増加させる金融政策が全員一致で維持された。現行の資産買入方針が継続される。結果公表後の円相場の反応はほとんど見られなかった。ただ、伸び悩みつつも反発していた日経平均が上げ幅を消し、下げ幅を拡大すると、戻していたドル円や一部のクロス円では一転して円買いが優勢となっている。ドル円は6月19日以来の安値を更新した。
 連日で大引けにかけた日経平均の動きに円相場が振らされる展開が続いているものの、はっきりとしたテーマ性のある動きでもない。ポジション調整主体だろう。
  豪ドル/ドルは7月30日以来の高値となる0.9092ドルまで上昇。豪ドル安基調に若干調整が入っていたなかで、中国貿易収支も後押しとなった。その他の通貨は対ドルで小動き。NZドル/ドルは0.79ドル半ば、ユーロドルは1.33ドル前半、ポンドドルは1.55ドルちょうど付近で横ばいだった。
 ドル円は96.17円、ユーロ円は128.34円まで円買いが優勢となっており、それぞれ昨日の安値を下回った。加ドル円も92.34円まで下げたほか、ポンド円は149.15円まで伸び悩み。豪ドル円は87.86円の高値から87.40円付近まで上げ幅を削っている。