東京市場 日経平均1万4000円割れ、7月4日以来 ドル円は下げ渋り

2013年07月29日 09:15

東京株式市場、日経平均は200円超安で寄り付き、1万4000円の大台を割り込んでいる。取引時間中の1万4000円割れは7月4日以来。ただ、ドル円は事前に朝方からこれを想定してすでに売り込まれており、現在は98円台を回復してきている。