本日の見通し(為替) FOMC手がかりならず、QE3めぐる思惑継続

2013年08月01日 08:02

 昨日のNYタイムでは、強い米経済データを好感したドル買い地合いを、米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル売りが打ち消した。この日発表された米7月ADP全国雇用者数や、同4-6月期国内総生産(GDP)をはじめとした第2四半期のマクロ経済指標の速報値は、総じて市場予想を上回る結果となった。ドル円は米長期金利の上昇も後押しに98.57円まで上昇後に97円後半まで反落した。また、ユーロドルは1.3207ドルから1.3345ドルに、ポンドドルは1.5126ドルから1.5255ドルまで上値を伸ばした。一方、豪ドル/ドルは連日弱含む展開で、2010年9月以来の安値水準と0.8936ドルまで下押した。
 本日のドル円は上値の重い展開となるか。ドル円は直近で下支えになっている97円半ばを維持できるか注目したい。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文では、金融政策方針に目立つ変化はなかったものの、景気やインフレの下方修正に加え量的緩和第3弾(QE3)縮小に関する示唆はなく、前回よりわずかにハト派よりと受け取られドル売りが優勢となった。昨日のドル円は、米経済指標の好結果を受けて98.57円まで上昇したが、FOMC後に97円後半まで反落した。直近の高値をわずかに伸ばしたが、結局は97円半ば-98円半ばでのレンジ相場にとどまる結果となった。今後もQE3縮小時期をめぐる思惑が続くなか、明日の米7月雇用統計の結果を見極めたいところだ。本日の東京タイムでは中国のPMI、海外市場ではユーロ圏・英国の政策金利発表とドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の記者会見が予定されている。このイベントに絡んだ豪ドルやユーロ・ポンドの動きにも注目したい。