日経平均寄与度ランキング(午後)

2013年07月22日 20:31

指数インパクトの大きいファーストリテイ<9983>が寄与度トップに
2013年07月22日

*15:25JST
22日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり136銘柄、値下がり74銘
柄、変わらず15銘柄となった。

日経平均は反発。参院選での与党圧勝を受けて、政局の長期的な安定が見込まれる中
で、日本株への資金流入が加速するとの期待感が支援材料となり、買い先行でスター
トした。ただし、選挙結果はサプライズが乏しく、買い一巡後は材料出尽くし感も意
識され、利益確定売りに押され伸び悩む展開に。

指数インパクトの大きいファーストリテイ<9983>が寄与度トップに。また、アリババ
再上場期待のソフトバンク<9984>は寄与度2位に。その他、KDDI<9433>、住友不動産
<8830>は寄与度上位にランクイン。

一方で、4-6月連結営業損益が90億円前後の赤字見通しと報道された東エレクトロン
<8035>が値下がり寄与度トップに。関連株でアドバンテスト<6857>もランクイン。ま
た、猛暑関連で連日上昇していたダイキン<6367>、アサヒ<2502>は利益確定売りに押
され値下がり寄与度上位に。その他、京セラ<6971>、TDK<6762>などがランクイン。

*15:00現在

日経平均株価  14658.04(+68.13)

値上がり銘柄数 136(寄与度+111.20)
値下がり銘柄数  74(寄与度-43.07)
変わらず銘柄数  15

○値上がり上位銘柄
コード   銘柄             直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテイ    36450    300  +12.01
<9984> ソフトバンク         6490     60   +7.21
<9433> KDDI                 5250     70   +5.61
<8830> 住友不               4535    130   +5.21
<4503> アステラス薬         5830    120   +4.80
<9735> セコム               5800    100   +4.00
<4523> エーザイ             4380     95   +3.80
<7267> ホンダ               3920     45   +3.60
<6902> デンソー             4965     75   +3.00
<8015> 豊通商               2955     67   +2.68
<4543> テルモ               5270     60   +2.40
<9613> NTTデータ          386500   6000   +2.40
<2914> JT                   3670     50   +2.00
<7270> 富士重               2861     49   +1.96
<7205> 日野自               1719     41   +1.64
<3382> 7&I-HD             3980     40   +1.60
<4911> 資生堂               1539     32   +1.28
<7731> ニコン               2298     32   +1.28
<6758> ソニー               2219     31   +1.24
<4568> 第一三共             1748     31   +1.24

○値下がり上位銘柄
コード   銘柄             直近価格 前日比 寄与度
<8035> 東エレク             4620   -170   -6.81
<6367> ダイキン             4475   -105   -4.20
<2502> アサヒ               2633   -100   -4.00
<6971> 京セラ              10910    -90   -3.60
<6762> TDK                  3695    -50   -2.00
<6506> 安川電               1221    -49   -1.96
<6857> アドテスト           1506    -23   -1.84
<6976> 太陽電               1337    -36   -1.44
<7011> 三菱重                608    -26   -1.04
<4502> 武田                 4705    -25   -1.00
<7733> オリンパス           3040    -25   -1.00
<4324> 電通                 3290    -25   -1.00
<5108> ブリヂストン         3790    -25   -1.00
<3865> 北越紀州              444    -18   -0.72
<6753> シャープ              450    -17   -0.68
<7735> スクリーン            557    -17   -0.68
<5714> DOWA                  955    -14   -0.56
<9007> 小田急               1013    -13   -0.52
<9005> 東急                  706    -12   -0.48
<8058> 三菱商               1850    -11   -0.44

[先物OP市場ウォッチ]

大引け:想定線の選挙結果を受けて方向感を欠く展開に

*16:49JST
22日の日経225先物は、先週末比40高の14690円で取引を終了。高値は14790円、安値
は14520円。上下レンジは270円。売買高はラージが6万2197枚、ミニは54万0406枚。
一方、TOPIX先物は、先週末比4.5p高の1221.0p。高値は1225.5p、安値1207.5p、上下
レンジは18.0p、売買高は5万0772枚。

週末の参議院選挙では自民、公明の政権与党が圧勝で「ねじれ国会」が解消となった
ことから、225先物は買い優勢の展開で取引を開始。ただ、高寄り後は上げ幅を徐々
に縮小するなど上値の重い展開に。選挙結果が想定線だったことなどから新規の買い
は見送られことなどが影響したもよう。その後、11時過ぎの薄商いの時間帯にまとま
った売りが入ったことから下げ幅を拡大する場面も見られたが、下への動きは限定
的。結果的に小幅反発と方向感にやや乏しい一日となった。

225先物の手口ではNエッジが2270枚の買い越しで買い筆頭となった一方、野村が2952
枚の売り越しで売り筆頭に。TOPIX先物に関しては、UBSの3188枚の買い越しが非常に
目立った。