ロンドン市場 午前 円高基調だが、週半ば以降のイベント待ちの様相も

2013年07月29日 21:49

 ロンドンタイム午前、円高基調継続もやや方向感に欠ける。本日については欧州・米国の経済指標の発表が乏しいうえ、週半ば以降に欧州・米国のイベントならびに経済指標の発表が多数控えていることもあって、積極的にポジションを傾ける動きは手控えられている部分もあったようだ。ただし、東京タイムからの大きな流れでの円高地合いは継続し、ドル円・クロス円は欧州タイム入り後はいったん買い戻される場面こそみられたが戻りは鈍く伸び悩むと、押し戻される展開となった。
 ドル円の買い戻しは限定的で本日安値圏へ反落。欧州タイムに入り円高が一巡し、米10年債利回りが時間外取引で上昇したことも支えとなり、ドル円は98円の大台を回復した。しかしながら、週半ば以降にイベントを多数控えるなかでは様子見ムードも醸成される格好で、その後は米債利回りの上昇が落ち着き低下に転じたことから、ドル円も本日安値となる97.64円水準まで再び下押した。クロス円もドル円と同様の流れで、買い戻しは入ったものの戻りは限定的に。ユーロ円は130円の大台を回復したが同水準では上値が重く反落。そのほか、ポンド円は150.30円、豪ドル円は90.27円、NZドル円は78.83円まで下落するなど、円高の流れを受けて上値の重さが顕著だった。
 ドルストレートは狭いレンジで振れる。ドル円が持ち直す動きもあって、ややドル買いに傾く場面では下げ幅を広げたドルストレートだったが、それまでが円主導だったことから東京タイムからのレンジは狭く、ユーロドルは1.32ドル後半での上下30P程度の小動きに。そのほか、ポンドドルはドル買い先行で1.5365ドルまで下押した後は1.5414ドルまで反発したものの、その後は押し戻されるなど狭いレンジでの上下にとどまった。資源国通貨は、やや上値の重さが見られたものの、豪ドル/ドルは0.92ドル半ばを中心とした小動きに。NZドル/ドルは0.80ドル後半での方向感のない推移となった。