ロンドン市場 ドル円上昇一服、99.90円には日足一目・転換線

2013年07月15日 18:48

ドル円は上昇一服。ドル円は一時99.88円まで上昇幅を拡大したが、その後は99.70円台まで押し戻されている。99.90円には日足一目均衡表・転換線が位置していることから、同ラインが目先のレジスタンスとして意識されているもよう。その上には、100円の大台が控えていることも、同線に対する意識を高めている。ドル円が頭打ちとなったことを受けて、クロス円も伸び悩み。ユーロ円は130.00円前後、ポンド円は150円前半、豪ドル円は90円半ばで上昇の勢いが和らいでいる。